ゼネグラは通販で購入可能!バイアグラと同じシルデナフィルが勃起をサポート

2020年4月21日

ゼネグラを通販で購入する

ゼネグラを通販で購入する

ゼネグラはバイアグラと同じ量の有効成分が使われているジェネエリックです。

バイアグラの1/3の価格で購入できるのにほぼ同じ効果が期待できると海外ではとても人気があります。

国内では「個人輸入代行サイト」という薬の個人輸入専門のサイトからしか購入できません。

代行サイトにはお金を払ったのに商品が届かないなどという悪質なサイトもありますが、ここでは管理人が実際に使ってみて安全だと判断したサイトのみ紹介しています。

サイト名
1箱8錠
(100㎎)
3,150円
(1錠393円)
3,656円
(1錠457円)
3,150円
(1錠393円)
3箱24錠
(100㎎)
8,500円
(1錠354円)
5,166円
(1錠215円)
8,500円
(1錠354円)
5箱40錠
(100㎎)
13,380円
(1錠334円)
5,925円
(1錠148円)
13,380円
(1錠334円)
通販

日本人に推奨されている量は1回につき50㎎なので、100㎎をピルカッターなどで半分に割って飲めば4錠→8錠分になります。

まとめ買いをすると1番安いベストケンコーは現在コロナウイルスの影響で注文の受付を一時停止しています。

今ならお薬なびですぐに使える初回限定の500円割引クーポン券が発行されているので、少量買いもまとめ買いもお得に購入できるお薬なびがオススメです。

お薬なびクーポンコード:Syokai500 コードをコピー

ゼネグラの口コミ

ゼネグラの口コミ

ゼネグラは人気の高いバイアグラジェネリックのなかでも、比較的安い費用で購入できる薬です。
ここでは通販サイトに載っている、ゼネグラの口コミをいくつかご紹介しようと思います。

口コミ用アイコン
31歳 男性
★★★★★
★★★★★

効果はそのままで、安く購入できるのが良いです。副作用も別にきにならなかったし、個人的には使いやすい薬だと思いました。

※掲載している口コミは投稿者の特定防止のため、内容を一部修正しております。

参考:https://okusurinavi.shop/detail.php?pid=10
口コミ用アイコン
年齢なし 男性
★★★★★
★★★★★

コスパが良く、ピルカッターで切れば1箱16回分になります、カマグラ100を愛用していましたが、結論としてはほぼ同じ効果だと感じました。

※掲載している口コミは投稿者の特定防止のため、内容を一部修正しております。

参考:https://www.bestkenko.com/products/%E3%82%BC%E3%83%8D%E3%82%B0%E3%83%A9%EF%BC%88%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8D%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%EF%BC%89100mg#review-target
口コミ用アイコン
年齢なし 男性
★★★★★
★★★★★

服用してすぐに効果が効くところがいいですね。安さとこの効果、言うことありません。次回はまとめて購入します。

※掲載している口コミは投稿者の特定防止のため、内容を一部修正しております。

参考:https://www.anshin-tuhan.org/ed/product-800/review-2

ゼネグラとは

ゼネグラ

ゼネグラはED治療薬バイアグラのジェネリック医薬品です。
インドの製薬会社アルケムラボラトリーズ社が開発しました。
青色の三角形の錠剤が特徴的です。

下記でゼネグラの効果・服用方法・副作用・併用禁忌について詳しく解説します。

効果

ゼネグラにはバイアグラと同じ有効成分のシルデナフィルがバイアグラと同量含まれています。
服用から30分~1時間で効き目が出始め、4~6時間の間効果が持続する点もバイアグラと同様です。

シルデナフィルは勃起の妨げとなる酵素を阻害する働きを持っており、この作用によってペニスへ流れ込む血液の量が増えて勃起が正常に起こるようになります。

しかしバイアグラ同様、服用するだけで性的興奮を高めてくれる媚薬のような役割を果たす薬ではないため外部からの性的刺激を受けた場合のみ勃起を促すことが出来ます。

飲み方

ゼネグラはセックスの1時間程前に水かぬるま湯で服用するとちょうどいいタイミングで効果が現れます。
その場合、出来るだけ空腹の状態で服用することで本来のゼネグラの効果が発揮されます。
ゼネグラの有効成分シルデナフィルは食事の影響を受けやすく、特に脂っこい食事は胃や腸に膜を張ってしまい薬の効果を妨げてしまうので、使用時には避けることが望ましいです。

1錠を服用して効き目・副作用が強すぎると感じたなら、ピルカッターなどで錠剤を半分、あるいは4分の1に分割して服用してもかまいません。
2回以上服用する場合は、間に24時間以上の間隔をはさんでください。
効き目が出ないからといって、服用後すぐに次の錠剤を服用することは控えてください。

アルコールと一緒に飲む場合、ゼネグラの作用によって酔いの回りが早くなったり、反対に過度のアルコールで薬の効果が得られない可能性があるので、ほんの少しに留めておくことをオススメします。

副作用

ゼネグラ服用後に以下のような副作用が出る場合があります。

  • ・顔のほてり、紅潮
  • ・鼻づまり
  • ・頭痛
  • ・目の充血
  • ・消化不良、胸やけ
  • ・筋肉痛、背中の痛み
  • ・動悸
  • ・色覚変化(周囲が青みがかって見える)

これらの症状はED治療薬の血管拡張作用によって引き起こされるもので、症状が出た=薬が効いているという指標でもあります。
いずれの症状も薬の効き目が切れるタイミングでなくなるので、特に心配を要するものではありません。

副作用が気になる場合は市販の頭痛薬や吐き気止めと併用しても使用上問題はありません。
仮に症状がいつまでも消失しないようでしたら、医師の診断を受けてください。

併用禁忌薬

ゼネグラには一緒に服用してはならない併用禁忌薬が存在します。
持病などで下記の薬を服用中の方はゼネグラを服用することが出来ません。

【硝酸剤及びNO供与剤】
  • ・ニトログリセリン
  • ・亜硝酸アミル
  • ・硝酸イソソルビドなど

※降圧作用増強が考えられる

【アミオダロン塩酸塩】
  • ・アンカロン錠剤

※不整脈の悪化が考えられる

【sGC刺激剤】
  • ・アデムパス

※全身の血圧に対する相加的影響が考えられる

また、以下の薬は禁忌に指定されていませんが併用の際に注意が必要なので、服用している方は併用可能かどうか医師にご相談ください。

【チトクロームP450 3A4阻害剤】
  • ・サキナビル
  • ・リトナビルなど

※血液中成分濃度が上昇し、効果や副作用が増強する恐れがある

【降圧剤】
  • ・アムロジピン
  • ・ミノキシジルなど

※降圧作用増強の恐れがある

【チトクロームP450 3A4誘導剤】
  • ・CYP3A誘導剤など

※降圧作用増強の恐れがある

【急性心不全治療剤】
  • ・カルペリチドなど

※降圧作用が増強する恐れがある

自分が服用している薬が当てはまるかどうかわからない方は、かかりつけ医に確認を取ってください。また、グレープフルーツなどの柑橘類の飲食物はラブグラの副作用を強める可能性があるので注意しましょう。

参照:https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00063149

まとめ

ゼネグラはジェネリック医薬品であるためバイアグラよりも低価格で、なおかつバイアグラと同等の効果が期待できます。
ゼネグラは海外の大柄な人向けに作られた薬なので、1錠当たりのシルデナフィル含有量100mgというのは小柄な日本人にとっては多すぎる場合があります。

効き目や副作用が強く出すぎるのなら、ピルカッターなどを使って半分、または1/4にして使用してもかまいません。
ゼネグラは国内で承認されていないので、個人輸入でのみ入手が可能です。
個人輸入代行サイトの通販なら簡単に購入することができ、さらにまとめ買いが可能でお買い得です。

バイアグラをお得に購入する方法コチラ